3/03/2009

OC-1ベーシック:Stroke続

結構手首が痛くなるという方はいっぱいいます(特に女性の方は)

これは自然になれてくればなくなります。僕も最初は手首が漕ぐとき痛かったのですが漕いでいるうちに痛みがなくなりました。

それでも痛いのであればベントシャフトのパドルというパドルがあります。このベントシャフトパドルとはパドルのシャフトの部分が曲がっているパドルです。写真は以前のブログエントリーにありますのでもしよければ観てみてください。http://hoenainformation.blogspot.com/2008/11/tahitian-vs-hawaiian-paddling-styles.html



ベントを使えば上の手が下の手の真上にくるので手首を曲げて漕ぐ事がさけれます。ベントシャフトを最初に作ったBrad Gillespieと言う方も初めてベントを作った切っ掛けになったのは奥さんが普通のパドルでは手首が痛かったから手首に負担のかからないベントシャフトを作ったそうです。


ただし以前のブログでも書いたようにOC-6でベントシャフトを一人だけ漕ぐと合わせにくいのでチームでパドルを合わせる事が必要です。

OC-1ではベントシャフトは凄く使いやすくキャッチも前でしやすいので是非機会がある方は試してください!

Keep Paddling,
Kenny

1 件のコメント:

ako さんのコメント...

今日は、oc-6に乗りました。漕ぎ方を意識しながらの練習だったのですが・・・・・。
oc-6の横でalexがoc-1に乗っていたので時々チラチラと観察していたのですが、肩の入れ方、腕だけでない上半身の動きがとてもよくわかりました。パドルのチェンジも無駄がなく、すごいなぁと思ったのですが、スローでみないとワカラナイ・・・。oc-6でもデュークさんのアドバイスを気にしながらのカヌーでしたが、肩を入れる漕ぎ方がやっぱり難しいと感じました。考えながら漕いでいるからかもしれないのですが、みんなの動きに遅れを取ってしまいそうでした・・ひぁ~・・。間違った漕ぎ方で慣れてしまう前に直してもらわなきゃ・・と思いました。
足の踏み込み方も、あまり力が入らなくて、足の位置が悪いのかなとか、体の動かし方がいけないのかなとかワカラナイことだらけです。